辞めようかなとも一時は考えました…

訪問看護の仕事を初めて、かれこれ10年になろうとしています。
とにかくある意味ベテランだよね!なんていわれるときもあるのですが、私なんかまだまだペーペーです。
年数的には確かに訪問看護をさせていただいて、それなりに経験を積んでいるように思えるかもしれません。
ですが私自身はまだまだ、他の訪問看護をしている先輩方に比べて全然未熟すぎて、お恥ずかしい限りなのです。
こんな私も、今では何とか訪問看護の仕事をそれなりに、辞めたいなんて思わずに続けることができているわけですが…。
本当に訪問看護をスタートしたころは、とにかく辞めようかなと真剣に考えていました。
とにかく、自分に合わないと思ったんですよね…。
自分が思っている以上に現実は複雑で、自分がやるべきことにも手が回らないほどで、気持ちに余裕がない状態になってしまったのです。
訪問看護の仕事につけたら、私が担当している方がには絶対にこういうお世話をしよう!
…やっぱりこういうある意味目標みたいなものもあるじゃないですか。
ですが現実は、この考えていることがまるっきりまだ、初心者な自分には完ぺきにすることができなくて…。
とにかくあの時はつらかったですね~。
でも、なんだかんだ言って私ですら10年続いているんです。