税理士の仕事内容とは?

税理士と聞くと、税金関係の仕事というイメージしかわかないかもしれません。
具体的に言うと、どのような仕事が税理士の仕事になるのでしょうか?
特に紛らわしい仕事の中には、会計士という職業があります。
この両者の違いを詳しく説明できるという方は、あまりいらっしゃらないかもしれませんね。

会計士さんの仕事について先に説明しておきます。
会計士の仕事は、簡単に説明すると、会社の会計状態を第三者の観点で検査することです。
会社の会計は、会社だけの問題ではなく、株式会社であれば投資家の皆さんの利益にも関係してきます。

そのため、第三者の目で会計が適切に行われているのか、健全な状態が保たれているのか、こうした点を見極めて発表しなければなりません。
それに対して税理士の仕事とは、簡単に言えば税金関係の仕事になりますが、確定申告の時期だけではなく、その他の時期にも税金関係の仕事をしています。
例えば、節税の方法などです。

税理士が働く場合、ほとんどは中小企業ということになります。
多くの大企業では、税理士に税金関係を依頼するのではなく、自社で税理士を雇っていることがほとんどになるでしょう。