歯医者さんの給料ってどれくらい?

歯医者さんというと、ベンツやレクサスなどの高級車に乗っているというイメージがあります。
きっとお金がどんどん入ってくるんだろうなぁと思っておられる方も多いかもしれませんね。
たしかに、ベンツなどの高級車をたくさん所有しているような歯医者さんも多くいますので、儲かっているという方がいるのも事実になります。
では、実際の歯医者さんの年収はどれくらいになるのでしょうか?
人事院の統計によると、歯科医師の平均年収は1,299万円と言われています。
1,000万円を超える仕事はなかなかないので、歯科医師がかなりの高給取りであることがわかります。
では、世代別ではどうなるのでしょうか?
最も給料が安いのは、20代の前半の時期になります。
当たり前のことですが、大学を卒業してインターンが終了したばかりの歯科医師は経験も技術もあまりないため、ほとんど役にたたないということもあります。
しかし、この年齢であっても、平均年収は690万円はあるとされています。
この年齢で、700万円近い数字をもらえるような仕事は少ないので、かなり良い給料であることが分かりますね。